にしいちブログ

世界選手権を終えて

皆様、こんにちは。

リハビリテーション部の理学療法士でもあり

現役アスリートとしても活動させて頂いている

川島有紀子です。

 

今回は8月20日から31日の11日間

カナダで開催された世界選手権について

お話したいと思います。

 

 

今年4月に開催予定だった

世界選手権が延期となり

今回8月に大会が開催され

結果として、日本は6位という過去最高順位

大会を終えることができました。

 

応援してくださった沢山の皆様に

心から感謝申し上げます。

 

 

チームとしては

約2年ぶりの国際試合ということもあり

選手のほとんどが

久しぶりに外国人選手と試合するという

イレギュラーな環境下ではありましたが

来年2月に開催予定の

北京オリンピックへ向けて

手応えを感じた部分

克服するべき課題

見つけることができた大会となり

貴重な時間を過ごせたと思っております。

 

私個人としては

約4年ぶりの国際試合だった為

試合はとても緊張しましたが

自分の活かすべき長所

克服すべき課題

しっかりと確認できた大会となりました。

 

北京オリンピック開催まで

あと150日となりました。

日本の勝利に大きく貢献できるよう

しっかり課題を克服し

レベルアップしていきたいと思います。

(今大会会場 :Canada WinSport Arena Canada Olympic Center Calgary)

 

 

また今回一緒に参加した選手の中に

過去に膝の前十字靭帯を損傷してしまった方

お話しする機会がありました。

 

負傷当時の心境や

リハビリの過程

選手を続けるにあたって

一番大変と感じたことなど

沢山お話を聞くことができ

理学療法士としても

貴重な体験をできた大会でした。

 

今は私自身もアスリートではありますが

沢山の方々を支えられる

理学療法士になるべく

これからも精進したいと思います。

 

2021年9月7日 | 投稿者:川島 有紀子



ページトップへ