にしいちブログ

北日本チアリーディングフェスティバル



北日本チアリーディングフェスティバル(主催:北海道チアリーディング連盟)が1124(月・祝)に、通称『きたえ~る』で行われ、当院の山本泰雄理学療法部長と斗南病院の加藤理学療法士と一緒にメディカルサポートを行いました。チアリーディングの北海道での大きな大会は初夏と初冬の年2回あり、初冬に行われるこのフェスティバルは今回で12回目(前身の『北海道チアリーディングフェスティバル』から数えると16回目)になります。当院はこの間、大会メディカルサポートを行ってまいりました。

『チアリーディングcheerleading』の『チアcheer』とは、英語で『声援する、元気づける』という意味ですが、チアリーダー達は常に人を勇気づけ、元気づけることを使命にしています。アメフトや野球、バスケットなどの大会を通じてチアをご覧になった方もいらっしゃるかと思います。そんな、普段選手達を応援する立場のチアリーダー達が応援される数少ない機会が、今回のような大会なのです。

ピラミッドの頂点を極める『トップ』と呼ばれるポジションの選手のアクロバティックな動き、それを支える『ベース』『スポット』と呼ばれるポジションの選手達、どれひとつかけてもパフォーマンスは成功しません。それどころか高所での演技も多く、小さなミスが大きなケガにつながります。そのため日々の練習の他、合宿やワンデイクリニックなどを通じて安全で楽しんで行うためのイベントも行われています。

今回の大会には幼児(年長さん)から小中学生・高校生・大学生・社会人までの男女、総勢544人・58チームが参加しました。9時半からリハーサルが行われ、11時半の開会式のあと大会が夕方まで行われました。メディカルの処置としては演技前のテーピング処置が6名(肩・肘・手首・膝・足関節)、発熱&倦怠感への処置1名、演技中の膝靱帯損傷が1名、足関節靭帯損傷が1名発生しましたが、いずれも迅速に初期治療を行うことができました。今後も引き続いてメディカルの立場から選手達を応援してゆきます。  

(副院長:小畠昌規)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


交通アクセス

バスでお越しの場合

地下鉄月寒中央駅前発

中央バス【月82 - 西岡月寒線】 ⇒西岡3条5丁目下車(徒歩2分)

JR白石駅発

中央バス【澄78 - 澄川白石線】
南郷7丁目・月寒中央駅経由
⇒西岡3条5丁目下車(徒歩2分)

地下鉄澄川駅前発

中央バス【澄78 - 澄川白石線】 ⇒西岡3条5丁目下車(徒歩2分)
中央バス【南71 - 下西岡線】 ⇒西岡1条5丁目下車(徒歩8分)

札幌駅前発

中央バス【79 - 西岡平岸線】
平岸駅経由
⇒西岡3条5丁目下車(徒歩2分)
中央バス【83 - 西岡美園線】
美園駅経由
⇒西岡3条5丁目下車(徒歩2分)

タクシーでお越しの場合

⇒ いずれの駅からも所要時間約10分

地下鉄南北線 澄川駅より乗車

地下鉄南北線 南平岸駅より乗車

地下鉄東豊線 月寒中央駅より乗車

地下鉄東豊線 福住駅より乗車